自転車のパンク修理(ある日の漂流工房)

ある日仕事から帰って来ると漂流母が

漂流母 「Mちゃん(姪っ子の名前)が自転車でコケた。」
漂流 ?!!Σ(・□・;)
漂「怪我はしてないのか?」
母「擦り傷だけらしい」
漂「それなら良いや。(^_^)
母「それでコケた時にパンクしたから直して欲しいって。」
漂「そっちかいっ!」

まあ良いや。
怪我がたいした事ないんならパンクくらいすぐ直るし。

ということでパンク修理です。

自転車を見てみるとフロントタイヤがパンクしていました。
段差に突っ込んだらしいからリムにダメージがなければ良いんだけどねぇ~。

取りあえず漂流工房に運んで状況確認。

タイヤを外して状況確認

フロントを持ち上げてタイヤを外して見ると二箇所穴が空いています。
この空き方はヘビさんですね。

パンク跡

(豆知識)
ヘビ咬みパンク
(別名)リム打ち、リムカット、リムピンチ、スネークバイト、ヘビさん
空気の少ないタイヤで歩道などの段差を乗り越えるときに段差の角と自転車のリムの間でチューブを挟んでパンクする現象。
リムで挟んでいるので同時に2カ所の大きめの穴があるのが特徴。
2カ所の穴がヘビが噛みついた跡のように見えることからこうよばれます。
(豆知識終わり)

さくっとパンク修理は出来るんだけど、材料あったかなあ、、、ごそごそ、、、、なかったら買いに行かなくちゃ。、、、、、ごそごそ、、、、。

あ、あった。
(^▽^喜)

ゴム糊とチューブ用のパッチです。

パンク修理キット

チューブ表面の汚れと離型材をやすりで削り落として。

やすり掛け済み

きれいになったらパッチより広めにゴム糊を塗って。

ゴム糊塗りつけ
3分ぐらい乾かします。

乾燥中
ここ重要。ゴム糊は塗った後すぐに貼り付けたらダメです。くっつきません。
手で触って、手にゴム糊が付かなくなったらOK

パッチの裏側の銀紙をはがして穴を中心に覆うようにパッチを貼り付けます。

パッチ貼り付け

この時透明なフィルムははがさずにそのまま貼り付けます。
気泡が入らないようにしっかり押さえて密着させます。
もうこの段階でかなりしっかり張り付いていますよ。
透明なフィルムをはがしてチューブの修理完了。

バケツに入れた水につけて空気が漏れていないか確認。

エア漏れ検査

うん、大丈夫だね。
タイヤの中にチューブを入れてリムにセット。

タイヤにセット
タイヤとリムの間にチューブを挟んでいないか入念にチェック。
もし挟んでいるとこれが原因でチューブが裂けることがあります。

空気を入れて(写真撮るために手の向きが変だけどスルーしてください。m(__)m)

空気注入
どのぐらい入っているか確認。
男の人が力一杯タイヤを押してちょっとへこむぐらいが適正です。
女の人なら押してもへこまない位でちょうど。へこむうちは空気が少ないよ。
自転車に乗ったときに地面に当たっている長さが12〜14センチ程度がちょうど良い空気の量です。

無事に完成。

修理完了
ちょうどMちゃんが帰ってきたのでちょっと試走させて問題ないので修理完了。

パッチ代は150円程度なんだけど相手が姪っ子なんでただ働き。(^^ゞポリポリ
漂流工房売り上げならず。(笑)

 

漂流工房の掲示板を作ってみました。

漂流工房の掲示板を作ってみました。

私に聞きたいことやこんな物は作れますか?とか、素朴な疑問とか、どこそこのご飯がおいしかったなど自由に書き込んでくださいませ。

管理人のスキル不足でサーバーに掲示板が作れなかったのでレンタル掲示板を利用しています。

広告が入っていますが気にしないでくださいませ。尚、この広告と漂流工房とは関係がありません。掲示板のシステム上自動的に入るようになっていますのでご了承ください。

みんなが気持ちよく使っていただくために迷惑な投稿(勧誘、荒らし、誹謗中傷など)の書き込みは一切禁止です。そのような投稿は見つけ次第即刻削除しますのでご了承ください。

それでは皆さん楽しんでくださいね。

漂流工房の掲示板

http://6731.teacup.com/shachuhaku/bbs/?

クリックすると別ウィンドウで開きます。

燃料フィルターって重要です。

1年点検でも書きましたが、燃料フィルターは1年ごとに交換してくださいね。

ずっと使ってて調子が良いからってきちんと点検していないとあなたの知らない所でこんな大変なことになっているかもしれませんよ。

 

サビで詰まった燃料フィルター

(ベバストGCS株式会社様より画像の掲載許可をいただきました。)

この画像は旧車に取り付けられたベバストヒーターの燃料フィルターです。

フィルターの中に見える黒っぽいものなんとこれ全て「サビ」なんです。

燃料タンクが経年劣化でサビちゃってそのサビがフィルターに詰まってしまっています。

これじゃあヒーターに十分な燃料が送られないのでヒーターの調子も悪くなります。

でもそれよりも怖いのは、フィルターだからサビが詰まっただけですが、もし、フィルターが付いていなかったり、傷んでゴミを取り除けないフィルターだったりしたら、、、、。

そう、次に詰まるのはヒーター本体の中にある「バーナー」です。

バーナーの燃料パイプが詰まっちゃうとそこだけ修理ってのができません。

バーナーを丸ごと交換になってしまいます。

そうなると部品だけで15000円以上さらに取り替え工賃まで発生しますからかなり修理費が必要になってしまいます。

こんな事にならないようにフィルターを毎年交換して快適にベバストヒーターを使ってくださいね。