ホンダ発電機Eu16i、Eu9i用の消音ボックスの委託販売です。

岡山のお友達からホンダ16i用の消音ボックスの委託販売のお話をいただきました。

定価198,000.円の受注生産品ですが、中古ということで販売価格は75,000.円です。

消費税はかかりませんが、送料が別途必要になります。

限定1台限りで早い者勝ちです。

2014.04.28.追記

商談成立ありがとうございました。m(__)m

売り切れましたのでもうありません。

2014.04.28.追記ここまで

このたびキャンピングカーを乗り換えて、車体に発電機専用スペースをオプション装備したために消音ボックスが不要となったために販売したいとのことです。

品物そのものは、お友達のところにあり、そちらでも声をかけているそうですのでもしかしたら売れてしまっている可能性はあります。その場合はご容赦くださいませ。

 

消音ボックス1消音ボックス2

消音ボックス3消音ボックス4

消音ボックス5消音ボックス6

消音ボックス7

 

消音ボックスの詳細です。

それなりに使用感はありますが状態としてはかなり綺麗です。

写真に写っている白いフィルムは新品時についていた保護フィルムです。

フィルムを剥がさずにそもまま使っていたために中のアルミパネルがきれいな状態を保っています。

外部に防雨コンセントが装備されていて、ここからキャンピングカーへ電源を引っ張ることができます。

このために雨の中でも発電機を使用することができます。

内部に100Vの電動ファンを装備していますので発電機のオーバーヒート対策済みです。

参考のためにこのボックスの製造販売をしているサイトはこちらです。

「キャンピングカー便利グッズ ウエハウス」

興味のある方はこのコメントか漂流工房のお問い合わせフォームにてお知らせくださいませ。m(__)m

 

アウトドアジュニア12V系リニューアル作業を行いました。

渋腸号(アウトドアジュニア)の12V系のリニューアルをしました。
リニューアルということよりは今まで増設につぐ増設でやたらややこしい状態になっているのでこの辺りできちんとやり直してスッキリさせようということで漂流工房に入庫です。

びふぉー

12V系配線リニューアル作業前
今回の場合、増設した配線がどの回路なのかを一本一本チェックしてタグを付けながら回路構成を考えつつ、配線やコネクター類で状態の悪いものを付け替えていきます。

電線に付いている黄色い物が調査したタグです。

劣化したギボシコネクター

 

過電流が流れたことにより劣化してしまった端子です。

こうなってしまうとどんどん劣化が進むので新しい端子に取り替えます。
それと、新しく端子台を設けてサブバッテリーから直接12Vの回路を2回路に増設。
当然容量アップさせた大容量回路が2系統です。

12V端子台取り付け
片方はいままでどおり純正の6連スイッチへの電源供給です。
こちらの回路はリーさんが発電機の12V回路に非常用切り替えリレーをセットしていたのでリレーから後ろの配線を太く(5.5Sq)しました。
もう一つの回路は新しく追加する装備品に対応するためのサブバッテリーから直結回路です。

通常の6連スイッチはプラス側のみ配線が出ているため、マイナス側はどこかでまとめて分岐配線をしなければなりません。

これでは系統ごとに整理するということが非常にやりにくいためにこの6連スイッチにマイナスの配線を増設します。

これで各系統ごとにプラスとマイナスがセットの状態で配線されるのでわかりやすく、なおかつ配線の負担も軽減できます。

最終的にリニューアルされて整理された状態がこちら

あふたー

12Vリニューアル後

かなりスッキリさせることが出来ました。

想像以上に調査が手間取りましたがなんとかまとまりましたね。
( ..)ヾ ポリポリ