アウトドアジュニア12V系リニューアル作業を行いました。

渋腸号(アウトドアジュニア)の12V系のリニューアルをしました。
リニューアルということよりは今まで増設につぐ増設でやたらややこしい状態になっているのでこの辺りできちんとやり直してスッキリさせようということで漂流工房に入庫です。

びふぉー

12V系配線リニューアル作業前
今回の場合、増設した配線がどの回路なのかを一本一本チェックしてタグを付けながら回路構成を考えつつ、配線やコネクター類で状態の悪いものを付け替えていきます。

電線に付いている黄色い物が調査したタグです。

劣化したギボシコネクター

 

過電流が流れたことにより劣化してしまった端子です。

こうなってしまうとどんどん劣化が進むので新しい端子に取り替えます。
それと、新しく端子台を設けてサブバッテリーから直接12Vの回路を2回路に増設。
当然容量アップさせた大容量回路が2系統です。

12V端子台取り付け
片方はいままでどおり純正の6連スイッチへの電源供給です。
こちらの回路はリーさんが発電機の12V回路に非常用切り替えリレーをセットしていたのでリレーから後ろの配線を太く(5.5Sq)しました。
もう一つの回路は新しく追加する装備品に対応するためのサブバッテリーから直結回路です。

通常の6連スイッチはプラス側のみ配線が出ているため、マイナス側はどこかでまとめて分岐配線をしなければなりません。

これでは系統ごとに整理するということが非常にやりにくいためにこの6連スイッチにマイナスの配線を増設します。

これで各系統ごとにプラスとマイナスがセットの状態で配線されるのでわかりやすく、なおかつ配線の負担も軽減できます。

最終的にリニューアルされて整理された状態がこちら

あふたー

12Vリニューアル後

かなりスッキリさせることが出来ました。

想像以上に調査が手間取りましたがなんとかまとまりましたね。
( ..)ヾ ポリポリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です