アウトドアジュニア長期メンテナンス作業記録2

今回から実際の作業です。

2014/2/27

今日はもう時間がないので下地処理までの予定でサクッとできるバンパーの補修です。

まずは症状の確認。

破損したバンパーの状態

バンパー破損状況

軽トラにぶつけられたそうでバンパーの一部が破損してゲルコート層が剥がれたりクラックが入った跡があります。

 

バンパー傷修理前

バンパー傷修理前

見たところぶつかった衝撃でFRPバンパーが歪んで一部が剥がれ落ちたわけですが、この剥がれた部分よりも更に広い範囲に歪んた痕跡が残っています。

傷研磨中

傷研磨中

修理の仕方はまず、剥がれ落ちた部分はパテ埋めするので問題なし。
周りのクラックは手出しできないので現状維持です。
ゲルコートの層にクラックが入っているだけなので内側のFRP本体にはそんなに悪影響はありません。
周りが凸凹のままだとパテののりが悪いのでサンダーなどでおおまかに削ります。

次にバテ埋めする部の段差をなくすために結構大きく削ります。
ゴミや油分が付いているとパテが剥がれるのでパーツクリーナーで綺麗に掃除。

バンパーの傷修復中

バンパーの傷修復中

綺麗にフェザーエッジができています。
汚れや粉などがなくなったところでパテ埋めです。
バンパーの色がよくわからなかったんだけど、白のパテを入手しています。

ホワイトパテ

ホワイトパテ

ヘラの上に指定された割合でパテを取り出します。
このパテは1:2の長さでチューブから絞り出して取材と硬化剤をよく混ぜます。

パテ混合

パテ混合

よ〜〜く混ぜたら車体にパテを塗ります。

パテ塗り付け。硬化待ち

パテ塗り付け。硬化待ち

硬化時間が必要なので今日はこれで終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です