アウトドアジュニア長期メンテナンス作業記録3

今回は足回りを外す予定はないので安全なスロープで車体を上げておきます。

スロープで車体上げ

スロープで車体上げ

パテや塗料の硬化時間などを考えて並行作業で進めています。
まずはFRPバンパーの補修

昨日塗っておいたパテが固まったので表面の凸凹を荒目(400番)のサンドペーパーで水研ぎします。

水研ぎ中

水研ぎ中

この段階でバンパーの平面と同じにしなければいけないのでサンドペーパーをサンディングブロックに巻いて平面になるように削っていきます。

手で直接持ってこすると平面にならずに凸凹になります。
指先の丸い形で削れるんだから平面にならないのは当たり前。(笑)

パテはどうしても塗った時に低いところができてしまうので再度パテを練ってくぼみの部分に埋めていきます。

パテ埋め2度め

パテ埋め2度め

手間と時間がかかるんだけど、パテを塗っては削り塗っては削りを繰り返してバンパーの元の形状にしていきます。
今日は結局2回塗って時間切れ。f(^^;)

パテの硬化時間の最中に並行作業していたのは同じくぶつけられて凹んでしまった右のテールランプアッシーです。

テールライトアッシーの変形

テールライトアッシーの変形

 

テールライトアッシー凹み

テールライトアッシー凹み

ジュニアの場合元のフレームからZ金物を介してテールランプアッシーが取り付けられています。
最初はこのZ金物の変形かと思ったのですが、よく見ると荷台部分の変形でした。

変形の状態(下から)

変形の状態(下から)

テールランプアッシーを取り外さないことには手出しができないのでラチェットや板ラチェを駆使して何とか取り外します。

テールライトアッシー取り外し中

テールライトアッシー取り外し中

狭いですがなんとか取り外し完了

外した取付部にスケールを当ててみると変形具合がわかります。
目分量で5〜6ミリ隙間が開いていますね。

変形具合の確認

変形具合の確認

これを引き戻す道具はこれ
「スライディングハンマー」
引っ張る方向に叩くことが出来るハンマーです。

スライディングハンマー

スライディングハンマー

スライディングハンマーで修正した後のボディ。
ほとんどまっすぐに近いところまで修正出来ました。

変形の修正完了

変形の修正完了

取り付け部分にサビが出ていたのでこの部分に錆止めを塗っておきます。
使うのは「ローバル シルバー」という名前の亜鉛メッキ塗料です。

錆止め亜鉛塗料ローバルシルバー

錆止め亜鉛塗料ローバルシルバー

錆止め塗料としてはかなりメジャーな製品です。

余分なところに塗料が飛ばないように登場をしてからローバルを吹き付けます。

錆止め塗装中

錆止め塗装中

錆止め塗装完了

錆止め塗装完了

場所的にリアタイヤが巻き上げた水や砂がテールライトアッシーの上に乗っかってしまうから錆が発生するんでしょうねえ。

錆びてしまったZ金具

錆びてしまったZ金具

テールライトアッシーです。

テールライトアッシーです。

テールライトアッシーの方に付いているZ金物が錆びていたのでワイヤーブラシで軽くサビと汚れ落とし。

Z金具のサビ落とし

Z金具のサビ落とし

サビが復活したら困るのでこの金具にもローバルを塗っておきます。

Z金具の錆止め塗装

Z金具の錆止め塗装

乾燥するまでしばらく置いていかないといけないので本日はここまでで終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です