オーニングLEDライト施工させていただきました。

大阪のRさんの軽キャンカーのオーニングに「LEDライト」を施工させていただきました。

ありがとうございました。

オーニングLEDライト

オーニングLEDライト点灯の様子

オーナーさんの御希望でオーニングのフレームに2列LEDを装着させていただきました。

オーニングを閉じた状態でも、開いた状態でも効率よく照らす事が出来ます。

オプションの明るさコントロールも装備していますので必要な明るさに調整出来ます。フルパワーだと明るすぎるので写真は照明のパワーを落として撮影しています。

これからもLEDライトとキャンピングカーをどんどん活用してくださいませ。

漂流工房で施工したLEDライトには1年間の無料修理保証が付いていますので安心してどんどん使ってくださいね。

これからも漂流工房をよろしくお願い致します。m(__)m

新型ピンポンスイッチシステム受注しました。(^▽^喜)

漂流工房で製作している新型ピンポンスイッチシステムを長野県のアウトドアジュニアオーナーKさんから受注しました。

ありがとうございます。o(*^▽^*)o~♪

ちょっと水道を使うという時の便利さが格段にアップしますのでどんどん使ってくださいね〜〜。

漂流工房で自信を持っておすすめするアイテムです。

もちろん取り付け後の1年間の保証もありますし、それ以降のアフターサービスもばっちり漂流工房が行いますのでご安心ください。

新型ピンポンスイッチシステムが出来ました。

市販品のユニットが販売中止になってしまったために作れなかった「ピンポンスイッチシステム」ですが、制御ユニットそのものを漂流工房で作っちゃいました。

なるべく機能を絞って、コンパクト&性能重視で製作しています。

その分見た目があまりよくありませんが。(^^ゞポリポリ

水道配管の中の圧力を抜いておくのがデフォルトになっているアウトドアジュニアに対応するために開発しています。

漂流工房謹製「ピンポンスイッチシステム」

漂流工房謹製の「ピンポンスイッチシステム」です。

写真には写っていませんが、ピンポンスイッチは2個付きます。

時間制御のピンポンシステムのスイッチ(タイマースイッチ)

押している間だけ水が出るスイッチ(手動スイッチ)

の2つです。

さらに出水時間を1秒と3秒に切り替えられるスイッチも装備しました。

これにより、1回で使う水の量がさらに節水できるようになります。

 

ピンポンスイッチ(タイマースイッチ)はちょっと手を洗ったり、食器をすすぐなどの時にワンプッシュで一定量の水が出ます。

普通に水道を使うよりも便利だと思います。

 

手動スイッチは押している間ずっと水が出ますからコップなどに水をくむときにぴったりの量で止められます。

ほんの一瞬だけ押せばホントに少しだけ出ますから、歯ブラシをちょっと濡らすとかと言う使い方も出来ます。

使ってみないとわからない装備かもしれませんが、使えばわかる便利さを実感していただけると自信を持っておすすめします。

今はアウトドアジュニアに最適化されていますが、他の車種は要望がありましたら開発します。

 

ピンポンスイッチシステムの価格は、材料、取り付け工賃込みで29,800円(予価)です。

誠に申し訳ありませんが、漂流工房での取り付け販売のみとさせていただきます。

ユニットのみを販売するというのは繋ぎ間違いや部品の破損などが起こる可能性がありますので部品販売はしておりません。

ご了承くださいませ。

 

当然、漂流工房で取り付け後1年間の保証が付きます。

壊れても修理できますからご安心ください。(^-^)

 

漂流工房オリジナル「ピンポンスイッチシステム」

ピンポンスイッチって言っても呼び鈴ではありません。(⌒▽⌒)
渋腸号(アウトドアジュニア)に取り付けている「水道コントロールシステム」です。

これで節水と使いやすさの向上ができます。

キャンピングカーのタイプにもよりますが、違う車種でも応用できますよ。

テストで取り付けてからもう2年ほど経ちますし、すでに複数台に取り付けしていますので公開しても良いかなと。

アウトドアジュニアでは通常蛇口がオープンの状態でポンプスイッチを切っています。
電源が入った状態だと水道の配管に常に水圧がかかっている状態になりますし、何かのトラブルが発生したら水が出っぱなしになってしまいます。
それを防ぐためにいつもはポンプの電源を切っておいて必要なときだけ電源を入れるという使い方なのですがこれだと少し困ったことが起きるんですね。

普通に使うならメインスイッチを入れて使えばいいのですが,手を洗うなどちょっとだけ水道を使いたいときにはスイッチを切るまで水がもったいないのと、手を洗った後の濡れた手でスイッチを触りたくないのでなんとかしたいということで作ってみたものです。

よくあるフットスイッチだと簡単ではあるのですが,それだと外から入ってきてエントランスでちょっと手を洗いたいときなどにいちいち靴を脱いでフットスイッチを踏むようになるのでそれもどうかなということで,ボタン操作で実現できないかとやってみました。

ピンポンスイッチ

スイッチを押すと一定時間水が出ます。

蛇口の奥にある呼び鈴のスイッチを押すと一定時間だけ水が出て自動的に止まるしくみになってます。
このおかげで,ボタン押して手を洗っている間に自動で水が止まるからなにもしないですむわけです。

制御ユニット

スイッチの切り替えで時間調節できます。

制御タイマーユニットのスイッチの切り替えで1.3.6.10.30.60秒が選べます。
渋腸から使う時間や使い方を詳しく聞いてみると設定時間のほとんどが3秒。
清水タンクの水が少なくて心許ないときは1秒で使うとさらに節水できます。
1秒設定だとだいたい100CC程度水が出ます。
3秒だと300CCほどなのですが、蛇口の水の出方が良いのでちょっと手を洗うぐらいなら1秒で洗えますので節水できます。
ご覧の通りピンポンスイッチシステムと呼ばれる元となったのは音符マーク付きの呼び鈴のボタンです。
みんなが一番不思議なのはこれじゃないかな?(^_^;)

「なぜ呼び鈴ボタンが使われているのか?(?−?)」
水回りで濡れた手で操作する物だから普通のスイッチだと濡れてしまって壊れる可能性があります。

だけど普通の防水スイッチというのは価格も高いし、ゴムのカバーがあったり、壁に埋め込みだったりサイズが大きすぎてキャンカーの中では使いにくいんです。
呼び鈴のスイッチは元々屋外の雨水がかかるような場所に設置される物ですから水に濡れても問題有りませんし、コンパクトでさらに一般的にどこでも売っているので安いし入手性がとっても良いんですよね。(⌒▽⌒)
ただし、直接水道のポンプを回せる性能はありませんが、システムのスタートスイッチとしては十分すぎるほどの性能を持ってますから採用決定です。

渋腸号(アウトドアジュニア)に設置後今までにトラブルは発生していませんから耐久性もありますね。

この時は市販品の組み合わせで壊れた時の対応できるようにということで作っていたのですが、メインのタイマーユニットが販売中止になってしまいました。
(T_T)
通信販売限定では後継機種が販売されているのですが、時間設定がディップスイッチになってしまったのとユニットの価格が倍ぐらいになってしまったのでその後作っていません。

漂流工房でタイマーユニットを一から作っちゃえばできますけどね〜〜。
(^^ゞポリポリ

お箸入れ

漂流工房オリジナルのお箸入れです。

漂流工房のお箸入れ

アウトドアでの食事や食べ歩きの時にマイ箸を入れて持ち歩けます。

元々は「うどんオフ」の時に割り箸を使うのはエコに反するからマイ箸を使いましょうという事でマイ箸を使っていたのですが、箸入れに問題が。

 

うどんオフというのは香川県内のうどんの食べ歩きツアーなのですが、片手にどんぶりを持っている状態でもう片方の手で箸を取り出すというのがなかなか難しかったんです。

参加者の方といろいろ話をしていて箸入れに要求する内容がまとまってきました。

 

取り出しやすい。

逆さにひっくり返しても勝手に抜けない。

箸を入れやすい。

首からストラップで吊しておける。

中が洗える。

という要望でした。

 

リリアン編みのようにPPテープで編んであります。

水に強いので丸ごと水に沈めて洗えるしある程度の柔軟性があるので使っていくうちにお箸のサイズになじんできて使いやすくなります。

お箸を入れた後全体を伸ばすように引っ張るとお箸が抜けなくなります。

抜く時は箸の上の所を握って全体が縮める様に底の部分を何かに押しつけると箸入れが緩んで簡単に取り出せます。

片手で取り出せますし、箸入れには首からかけるストラップが付いていますので箸入れも無くさずに済みます。

 

素材の色も何色か有るのでカラフルな物も作れます。

ストラップは付属していません。100円ショップ等でお好みの物をお選びくださいませ。

 

受注生産品です。色などの相談の後に作り始めますのでしばらくお時間をいただくことになります。